Visual Studio .NET 2003 コマンドラインの使い方

Time-stamp: "2009-09-07 Mon 14:29 JST hig"
Visual Studio .NET 2003 をコマンドラインで(Linuxと同じのりで)使うときの基本的な使い方を説明します. 自宅のコンピュータなどへのデフォルトのインストールを想定しています. 実習室とはちょっとだけ異なりますが, ほとんど推測可能でしょう.
  1. スタートメニュー>すべてのプログラム>Microsoft Visual Studio .NET 2003 >Visual Studio .NET ツール >Visual Studio .NET 2003コマンドプロンプトを起動します. 例えば, C:\enshu に移動しましょう.
    C:\>C:
    C:\>mkdir \Enshu 最初に1度だけでいい
    C:\>cd \Enshu
    
    と入力します.
  2. 好みのエディタ( メモ帳, emacs(meadow), TeraPad, 秀丸 等) で, ソースファイル(プログラム)を上で cd したディレクトリ(例えばマイドキュメント)に 作ります. たとえば, hello.c を以下のような内容で作りましょう.
    #include <stdio.h>
    
    int main(){
        printf("hello, world!\n");
        return 0;
    }
    
    Visual C++ は ANSI 規格に従っているので, 授業で使っているテキストの例を入力しても警告が出ることがあります. 上の例なら問題ないはずです.
  3. このとき, 拡張子が .txt や .c.txt でなく .c になっていることが必要です. 指示にしたがって保存し, 確認しましょう.

    正しい拡張子にするもうひとつの方法は, コマンドプロンプトから

    C:\Enshu>start notepad hello.c
    
    とすることです.

  4. すでにそうなっているはずですが, 必要なら cd コマンドで, ソースを保存したフォルダに移動します. 例えば,
    C:\>C:
    C:\>cd \Enshu
    
  5. コンパイルします. Linux でいう cc に対応するコンパイラは cl.exe です
    C:\Enshu>cl hello.c
    で,
    C:\Enshu>cl hello.c
    Microsoft(R) 32-bit C/C++ Optimizing Compiler Version 13.10.3077 for 80x86
    Copyright (C) Microsoft Corporation 1984-2002. All rights reserved.
    
    hello.c
    Microsoft (R) Incremental Linker Version 7.10.3077
    Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.
    
    /out:hello.exe
    hello.obj
    
    のような感じで実行ファイル hello.exe ができます.
  6. 実行します.
    C:\Enshu>hello
なお, 上のようにスタートメニューから実行しなくても, ふつうにコマンドプロンプトを開いて, 使用開始前に c:\Program Files\Visual Studio .NET 2003\Vc7\bin\vcvars32.bat を一度実行することによって環境変数を設定すればいいです. C++ コンパイラは cl.exe, make は nmake.exe です.
Copyright © 2002-2005 Saburo Higuchi. All rights reserved.
樋口三郎, http://www.math.ryukoku.ac.jp/~hig/