Excel によるグラフ作成, OpenGL による2次元ランダムウォークのグラフィックス表示

目次 解答例(ないかも)

課題15_01 (ta114)Excel によるグラフ作成

実習でのリアルタイムの説明にしたがって, 課題14_2, 14_3 で得たデータを, Windows に移して, Excel でグラフを描き, 統計量を計算しよう. (この課題は欠席の場合も再放送はしません).

課題14_2, 14_3 が完成している人は, 次のようにしてデータをとろう.

s1609h017% ./rw1d1 -n 50         >    data142.txt
s1609h017% ./rw1d2 -n 100 -N 20  >    data143.txt
まだの人は, 上のリンクにあるデータ例を保存して使おう.

データの移し方は, 松木平先生による説明 にほぼ従います. すなわち,

  1. フロッピーをドライブにいれる. フロッピーがフォーマットされていない場合,
    s1609h017% fdformat -n /dev/fd0H1440
    s1609h017% /sbin/mkfs.msdos /dev/fd0 # 両方やる	  
    のようにしてフォーマットする. あるいは, gnome のファイルマネージャでフロッピーを右クリックして出てくるメニューからも行える(このとき, タイプとして ext2 でなく dos(fat) を選ぶ. あるいは, Windows であらかじめフォーマットしておいてもよい(エクスプローラでフロッピーディスクドライブのアイコンを右クリック).
  2. マウントする.
    s1609h017% mount /mnt/floppy
    としてもよいし, gnome デスクトップでフロッピーのアイコンを右クリックして出てくるメニューからも行える. アンマウントも同様にメニューから行える
  3. 日本語コードの変換を変換するなら
    s1609h017% nkf -s -c File_Linux > File_Windows
    とする. 逆に, Windows で作ったファイルを家から持ってきた場合には (Linux へのコピー後に)
    s1609h017% nkf -e -d File_Windows  > File_Linux
    
    とする.

    家で, EUC + LF改行 のファイルを扱える TeraPad などのエディタを使うならこのステップは不要.

    また, この作業は, Windows 上でも qkcnkf をインストールすれば行えます. Linux で扱うには文字コードを EUC, 改行を LFとし, Windows で扱うには文字コードを SJIS, 改行を CR+LFとすればよい.

  4. ドラッグアンドドロップまたは,
    s1609h017% cp data /mnt/floppy
    s1609h017% ls /mnt/floppy	  
    などでファイルをコピーする.
  5. あまり長いファイル名を使うのは慎もう. どうも, ロングファイルネームのサポートは不完全のようです. 長いファイル名を使いたいなら, mtools を使うしかないのかも(この場合, フォーマットは必要だがマウントは不要). 使い方は 課題27_01 や次のリンクを参照.
  6. フロッピーを Linux machine から取り出す前には,
    s1609h017% umount /mnt/floppy
    としてアンマウントする. 右クリックメニューからも実行できる. これで家に持って帰っても OK.
  7. フロッピーを取り出す.

統計量は自分で計算したものと一致した?

課題15_02(ta103)OpenGL による2次元ランダムウォークのグラフィックス表示

OpenGL で2次元ランダムウォークのアニメーションのプログラムをつくろう. OpenGL は, Unix/Windows/Mac で使えるメジャーな3次元グラフィックスライブラリです. DirectX,Direct3Dのライバル.

次のプログラム anim1d1.c は, OpenGL を用いてつくった 1次元のランダムウォークのアニメーションです. コンパイルするには, この Makefile が必要です. このファイルの先頭の複数個のスペースに見えるところは TAB 1個である必要があります. カットアンドペーストするとスペースに変換されてしまうので, 右クリックメニューから保存しましょう.

これを anim2d1.cにコピーして書き換えて, 2次元のランダムウォークのアニメーションを作ろう. ただし, 確率1/4 で上下左右に 1移動するものとする. その際, 上で保存した Makefile にも加筆が必要.

OpenGL と glut を学ぶための参考書

2004/09/08 Wed 20:35
Copyright © 2002-2004 Saburo Higuchi. All rights reserved.