連続型擬似乱数のヒストグラムと標本平均値,標本不偏分散(conthist01) - 課題p092

Time-stamp: "2016-06-19 Sun 07:27 JST hig"

情報

  • 出題:2016-06-20
  • 実行/提出期限:2016-06-20
  • 提出
    • ヒストグラムの画像ファイル conthist01.pdf

学習目標

  • 連続値データのヒストグラムを描ける.

課題

状況の説明

課題cont15 と同じ.

タスク

  1. Rコマンダーの説明ページを参照して, 課題cont15 で得たデータをRコマンダーに読み込もう
  2. Rコマンダーで標本の(相対頻度=パーセントの)ヒストグラムを描き, 確率密度関数のグラフと形が似ていることを確認しよう. グラフをPDF形式で保存しよう.
  3. Rコマンダーで標本平均値と標本標準偏差を求めよう(提出不要). 以前に手で計算した母平均値, 母標準偏差とは近い?

アドバイス

自分でチェック!

  • 標本平均値と標本標準偏差は, 以前に手で計算した母平均値, 母標準偏差とは近い?
  • ヒストグラムはデータから正しく作られているか? 目でデータを見た感じと一致しているか?
  • データは確率密度関数から正しく作られているか? 標本分布(度数分布表やヒストグラム)は, 母分布に似ているか?

Useful Links

この科目の課題の一覧

このサイトのコンテンツ

QRcode to hig3.net

http://hig3.net