擬似乱数(rand2) - 課題p012

Time-stamp: "2016-04-13 Wed 15:39 JST hig"

情報

  • 出題:2016-04-13
  • 実行/提出期限:2016-04-19
  • 提出
    • プログラム rand2.c

学習目標

  • stdlib.hで宣言される関数void srand(), int rand()を使って, (離散的)擬似乱数生成のプログラムを書ける
  • 標本抽出して度数分布表を作ることによって擬似乱数生成プログラムの正しさを確かめられる

課題

状況の説明

  • 値\(-2\)を確率\(3/11\)で
  • 値\(-1\)を確率\(1/11\)で
  • 値\(0\)を確率\(2/11\)で
  • 値\(+3\)を確率\(5/11\)で
とる確率変数\(R\)を考える.

課題のタスク

  1. 下の仕様のプログラム rand2.cをサンプルをもとに作成し, コンパイルする. 課題submit1を参考に, 新しいソリューション-プロジェクト-プログラムを作る.

プログラムの入力の仕様

乱数のシード $d$ と サンプルのサイズ $N(\geq0)$. 改行で区切って与える.

プログラムの入力例

自分で選んだシードd
97(例)

プログラムの出力

正確にこれに従うこと. メッセージなどこれ以外を出力しない(機械が読み取るので).

1行目に, 半角 #d= に続いて, 入力した$d$, 2行目に, 半角 #N= に続いて, 入力した$N$, 3行目以降に, 改行で区切って, $N$個の「通し番号 コンマ 乱数の値」

プログラムの出力例

#d=シード d
#N=97(例)
0,0
1,-2
2,0
3,-1

アドバイス

自分でチェック!

  • 適当なサンプル$N$で実行してみよう.
  • シードを変えると違った結果, シードが同じなら同じ結果になるか?
  • 各Xの値の個数を数えてみよう. 確率とかけ離れていない?

Useful Links

この科目の課題の一覧

このサイトのコンテンツ

QRcode to hig3.net

http://hig3.net