電磁気学II(2001年度前期)

授業科目名
電磁気学II
担当教員名
樋口三郎
サブテーマ
時間的に変化する電磁場
科目概要・科目内容
電磁気学I では, 電荷が電場を通じて力を及ぼしあうことを学んだ. 同様に, 磁石が引き合ったり反発したりするのは, 磁石が磁場を作っているからである. 磁場は, 磁石がなくても, 電流があれば作られる. また, 時間的に変動する電場も磁場を作る. 逆に時間的に変動する磁場は電場を作る. このように電場と磁場は深く関係しているが, その関係は, マクスウェル方程式という4つの式で表される.
この科目を履修することにより身に付くポイント
電磁場の基本法則であるマクスウェル方程式を理解する. 光や電波の存在や性質, オームの法則, 交流回路の動作など, すべての電磁現象ははそこから導かれることがわかる.
授業方法
教科書にそった講義を中心に, 必要に応じて演習を行う. 適宜プリントを配布する.
試験方法成績評価方法
評価は主に期末試験による. 演習, レポートなどの結果も評価に加える.
授業計画(予定)
  1. 電流
  2. 磁石と静磁場
  3. ローレンツ力
  4. 電流の作る磁場
  5. アンペールの法則
  6. ベクトルポテンシャル
  7. 電磁誘導の法則
  8. 相互誘導と自己誘導
  9. 磁場のエネルギー
  10. 交流回路
  11. 複素インピーダンス
  12. 非定常電流と変位電流
  13. マクスウェルの方程式
  14. 電磁波
系統的履修科目
力学I, 電磁気学I の内容を前提とする. 応用ベクトル解析を受講していることが望ましい.
テキスト
テキストの注文.
A.学内書籍売店を利用 
参考文献
履修上の注意・担当者からのひとこと
http://sparrow.math.ryukoku.ac.jp/~hig/elemag2/で講義についての情報, 資料を提供しているかもしれない.

Saburo HIGUCHI, hig mail address