Quiz | 数値計算法☆演習(2010年度)

Time-stamp: "2010-06-25 Fri 16:17 JST hig"

解答は授業内で説明しています.

Quizの問題
(回)月日 出題計画 出題
(L01)04/09(金)1なしなし
(L02)04/16(金)12進小数と10進小数の変換10.11012を10進小数に. 10.6810を2進小数に(小数点以下4桁)
(L03)04/23(金)1指数表記での有効数字またはmyfloatの計算と発生する誤差の種類仮数部3桁指数部2桁で(1)1.01×103-1.03×101,(2)3.00×10-49×2.00×10-51×3.00×1049,(3)1.01×103-1.03×102を計算したときの答,有効数字の桁数, 起きた誤差(現象)
(L04)04/30(金)1「1から100までの和」程度のfor文を使ったC言語のプログラム33+33+...+1033.
(L05)05/07(金)1関数のマクローリン級数を∑を使って書く1/(1+2x)のマクローリン級数?
(L06)05/14(金)1級数を計算するプログラムを読んで, 各項の出力と一般項を書く問題
(L07)06/04(金)1なし(かわりにeラーニングシステムでL06の復習問題)
(L08)06/11(金)12分法を手でやってみるsin x=0の解を(-3.5,4.5)から始まる2分法で
(L09)06/18(金)1台形公式を手でやってみる\int^{3e}_e \frac1x dxを分割数n=4台形公式で?
(L10)06/25(金)1シンプソン公式を手でやってみる\int^1_0 \sin \pi x\; dxを分割数2n=4シンプソン公式で?
(L11)07/02(金)1有限個のデータの標本平均, 標本分散, 標本標準偏差を2個の方法で手で求める5,6,8,9,9,10,10,10,11,12の標本平均, 標本分散, 標本標準偏差?
(L12)07/09(金)12変量データから相関係数を求めよう(x,y)=(1,5),(2,1),(3,4),(4,2),(5,3)の相関係数?
(L13)07/16(金)1連立1次方程式をGauss-Jordanの消去法で解こう6y+3z=21, x+2y+z=8, 2x+6y+5z=29をGauss-Jordanの消去法で解こう

このサイトのコンテンツ

QRcode to hig3.net

http://hig3.net