アンケート結果へのお返事と授業全体についてのコメント-応用ベクトル解析∇(2006年度)

Time-stamp: "2006-10-31 Tue 11:20 JST hig"

成績について

コメント

今回の成績, 特にファイナルトライアルの成績は, 昨年度と比べても, 樋口の予想と比べても, 非常によかったです. 問題が易しすぎたかと思ったくらいです. 意地悪な見方をすると, 直前の回の問題演習が効いたのでしょうか? 2005年度とほとんど同じ解説だったんだけどな〜 やはり, 今年の受講生のみなさんが熱心に勉強してくれたということでしょうか. この知識を活かして後期の電磁気学も楽しんでね.

今回残念ながら単位をとれなかった人も, 来年度はぜひぶっちぎりで合格してね.

全学授業アンケートについて

自由記入欄Q10

お返事

受講者数に比べて回収数が少ないので, 全受講者の平均的なご意見とはすこしずれているかもしれないと考えています.

難易度が適切でなかった(難しすぎた?)というご意見, 十分理解できなかったというご意見をいただいています. 確かにこの科目には演習もないし, 半年間でかなりのスピードで多くのことを学ぶという印象をもっています.

この科目は, 2年後期の電磁気学に必要な知識を準備するという目的があるため, 最終到達点を下げたり, カバーする事項を減らしたりすることは, 樋口の個人的判断ではできないんですね. この点については学科で考えさせてもらいます.

樋口の判断でできることとして, 最終到達点やカバーする事項はそのままで, なるべく本質的部分をシンプルに提示するように心がけたいと思います.


Copyright © 2006 Saburo Higuchi. All rights reserved.
樋口三郎,