数式処理システムMathematica

Time-stamp: "2018-06-11 Mon 15:01 JST hig"
  • 紙と鉛筆のかわりに数式処理ソフトウェアMathematicaで, 確率変数の母期待値を意識して, 定積分を計算してみましょう. スタートボタン>すべてのプログラム>数学・統計・分析>Mathematica>Mathematicaを実行します.
  • 積分(integration)の計算は, 例えば \( \int_0^3 (3x^2+2x) dx\)なら
    Integrate[3*x^2+2*x,{x,0,3}]
    のようにタイプします. 計算実行は Shift+Enterです.
  • いま考えたい被積分関数は, 区分的に(=場合分けで)定義されていますが, 3*x^2+2*x のところに ifthen ののりで関数を書くのではなく, 区間ごとの積分にわけて最後に加えるようにしましょう. つまり, \(\int_{-1}^2 |x| dx\) は
    Integrate[-x,{x,-1,0}]+Integrate[x,{x,0,2}]
    のようにして計算しましょう.
  • 変数への代入
    m=Integrate[3*x^2+2*x,{x,0,3}]
  • 整数で1/5などと書くと, Cと異なり, 整数0になるのでなく, 有理数1/5として正確に扱われます. Cでいうdoubleのように0.2とすると, 数値計算誤差のある小数としての計算になります. 極力, 有理数として計算しましょう.
  • 小数表示したいときは,
    N[m]
  • 同じ計算は, WolframAlphaで無料でスマホでできます.

Mathematicaによる線形代数, 固有値, 固有ベクトル

Mathematicaによる線形代数, 固有値, 固有ベクトル

アドバイス

Mathematicaは有料のソフトウェアですが, 理工学部がサイトライセンスを取得しているので. 自宅のPCにもインストールできます. 案内参照.

このサイトのコンテンツ

QRcode to hig3.net

http://hig3.net