画像を携帯の待受画面に使おう

自分で画像処理して作った画像を, 携帯の待受画面にする方法を説明します.
  1. スタート > プログラム > グラフィックス > 疾風 > で, 画像を読み込み, 名前をつけて保存, で, jpg (JPEG)形式で保存します. 画像の大きさ(ドット数)を携帯の画面に合わせておく必要があります. 古い形態や, 特殊な携帯では JPEG ではうまくいかないこともあります. 場合によっては, 色の数なども調整しておく必要があるかもしれません.
  2. index.htmlを保存(右クリックメニューから)して, メモ帳などで開きます. fig1.jpg, fig2.jpg という部分を, 自分の画像のファイル名に置き換えて保存します. 保存するときには, 拡張子が .txt でなく .html になるように 注意します.
  3. スタート > プログラム > ネットワーク/ホームページ> Ffftp > 接続 で, 生協学生用 WWW サーバを選びます.
    ユーザ名t030000a のような最後にアルファベットのついたもの
    パスワードメールを読むときに入力するパスワード
    を指定します.
  4. index.html (index.htm でも可)と 画像の .jpg ファイルを WWW サーバに送ります.
  5. 携帯でhig3.netにアクセスし, 基礎セミナーのページから自分のページを選びます. 画像が表示されたら, それを画面メモなどして, 待受画面に設定します.
  6. 作業が終わったら, Ffftp でWWWサーバの画像ファイルを消しておきましょう.

Copyright © 2003 Saburo Higuchi. All rights reserved.
樋口三郎 http://www.math.ryukoku.ac.jp/~hig/ hig mail address