Visual Studio .NET 2003 のインストール方法

Time-stamp: "2004/06/14 Mon 20:09 hig"

Visual Studio .NET 2003 を自宅の Windows PC にインストールする際の手順についてです.

`できる MSDN Academic Alliance' いう小冊子(数理情報学科事務室で借りられます)の p.10 にインストールの概略が載っていますので, これも参考にしましょう.

インストール

だいたい次のような手順になります.
  1. Disc 1 をいれます. Menu 1--4が表示されます. 上の1から順にやっていきます. 下の方にあるリモートコンポーネントというところは, 普通は触らないでください. なお, 古い CDROM ドライブでは, 数理事務室でコピーした CDR が読めないことがあるようです. その場合, ご相談ください.
  2. メニュー1の Visual Studio .NET 必須コンポーネントのインストールを行います. IIS, FrontPage Server Extension はインストールする必要はなく, スキップします. Prerequisite の CD をいれるように要求されます. これは Disc 3 のことです. この間, 再起動が1回要求されます.
  3. メニュー2. に進みます. Disc 1 を再びセットします. 使用許諾に同意します. プロダクトキーはあらかじめ入力されています. 名前は自分の名前を入力します. 途中で Disc 2 への交換が要求されます.
  4. メニュー3 の MSDN ライブラリをインストールは, 希望する場合のみ行います. MSDN ライブラリ Disc 1--3 を使用します. ディスクの空きによっては, 全くインストールしなかったり, 最小のインストールをしたりしてもかまいません.
  5. メニュー4 の Service Release の適用を行います. 現在は CDROM は提供されていないので, インターネット経由を選択します.
  6. このインストールにより, 新たな脆弱性が生じた可能性がありますので, 最後に, Windows Update をかけておきましょう.

IDEの中でプログラムを実行できる/デバッガーを使えるようにする

IDEの中でプログラムを実行する, あるいはデバッガーを使用するためには, ローカルグループ Debugger Users に, 使用するユーザを登録する必要があります. たとえば, Everyone を登録してしまうことも考えられます. 次のような手順です.

Windows 2000 Professional の場合

スタートメニュー>設定>コントロールパネル>ユーザーとパスワードで, 詳細>高度なユーザー管理>詳細>グループで, グループ Debugger Users に, ユーザを追加します.

Windows XP Professional Edition の場合

スタートメニュー>すべてのプログラム>アクセサリ>システムツール を起動します(コントロールパネルの中にもあります). この中の, ローカルユーザーとグループを選び, グループ Debugger Users に, ユーザを追加します.

インストールがうまく行かないとき

Microsoft からいくつか情報が出ています.
Copyright © 2003 Saburo Higuchi. All rights reserved.
樋口三郎 http://www.math.ryukoku.ac.jp/~hig/ hig mail address