物理数学☆演習I(2004年度前期)

科目
物理数学および演習I
担当者
樋口三郎
サブテーマ
ベクトルと微分積分でボールをおいかけよう
科目概要・内容
微積分および演習I とは違ったのりでベクトルや微積分を学びます. まず, 物体の運動が, 関数を使って表現できることを知ります. 次に, その関数を微分, 積分すると, 運動の様子がよくわかることを体験します. さらに, 運動が3次元になると, ベクトルを使うのが便利であることを学びます. この体験を通じて, ベクトルや微積分, 運動についての直観と空間感覚とを獲得します.
この科目を履修することにより身に付くポイント
ゴールポストの形とシュートのコースが式で与えられたときに, ゴールかノーゴールかが判定できます. シュートのスピードも計算できます.
授業方法
印刷物を利用した講義, 演習, 答案の添削の組み合せです. 授業開始直後に, 前回の授業の理解を確かめる quiz を解いてもらうことがあります.
試験方法成績評価方法
授業中に行う quiz 15点, 授業期間中に数回行うプチテスト 40点, 期末試験 50点 の合計で評価します. 100点以上は100点とみなします.
授業計画(前期13回)
  1. 平面の図形とベクトル
  2. ベクトルの外積, 内積
  3. ベクトルの回転
  4. 位置, 速度, 加速度
  5. 位置ベクトル, 速度ベクトル, 加速度ベクトル
  6. パラメータ表示と軌跡
  7. 運動方程式
  8. 等速直線運動, 等加速度直線運動
  9. 放物運動
  10. 単振動
  11. 等速円運動
  12. 相対座標と慣性力
  13. 座標系の回転と遠心力
系統的履修科目
並行して物理学序論を受講することをお勧めします. 内容は, 微積分および演習I と関係します.
テキスト
テキストの注文について
1.学内書店を利用
参考文献
履修上の注意・担当者からのひとこと
http://www.math.ryukoku.ac.jp/~hig/physmath1/ で講義についての情報, 資料をPC/携帯向けに提供しています. このページは, http://hig3.netからもリンクされています.

Copyright © 2004 Saburo Higuchi. All rights reserved.
樋口三郎, http://www.math.ryukoku.ac.jp/~hig/ hig mail address